rogo_2.jpgrogo_3.gif

アートコミニュケーションデザイン/観客参加型作品、光・LEGO・紙吹雪・ビニール・音などを使った作品や、子ども・学校とアート・街とアートをつなぐプロジェクト・アートワークショップを手がける美術家 塩川岳 の公式サイト
blog.pngb_fb.pngimages.png

School&Art

学校とアート

小学校でアーティストと出会う

 小学校や幼稚園などへの学校へのアウトリーチ事業の、講師・企画・コーディネートを行っています。いわゆるアート版の出前授業ということなのですが、基本的にクラス単位を対象としていて、図画工作が好きな子も好きではない子もごちゃまぜになっている教室に、社会で活躍しているアーティストやデザイナーなどの外部人材が出向き授業を行います。一つの授業のプランニングに時間をかけ、作品や考え方(モノやコト)のエッセンスをギュッと凝縮して児童達と向き合います。当然のことながら図画工作というカテゴリーを大きく飛び出しているので、子どもたちの興味・好奇心をくすぐります。子ども達の心の中に何かが残ることを期待して。

図工が美術になる

 自分が小学生のときには、絵を描いたり工作したりすることが好きで、そのまま高校まで同じ意識でいました。一人で何かを作る「図画工作」が、中学校になると「美術」になることの意味なんて考えてもみませんでした。そこには「作る」が「造る」「創る」に、そして「つくる」だけではない「観る」「考える」「コミニュケーション」することなどの多様な価値の広がりをはらんでいたということにあらためて気づかされた思いです。

美術教育は特別か?

 日本では、小さい子どもの時には絵を描いたりものを作ったりすることを、感性を育むという意味で、周りの大人たちが積極的に奨励する環境にあると思います。それが中学生になる頃には、そういった意識が薄まり、ある意味「特別なこと」のような空気にさせてしまっている気がしてなりません。アイデアを実現させるための知力や体力が充実してきて「図工」が「美術」になるとても大切なタイミングであるはずなのに。美術が特別なことではなく、生活に寄り添い人の心を豊かにするための「万能薬」として必要とされるようになってほしいと思っています。